PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ごめんね・・。

でも本当に心配だったので。。
今日はここちのお預け検査でした。
以前から何回も書いてますが、『多飲』から何かの病気なのではないかと日頃から気になって仕方ありませんでした。糖尿の検査は既に受けていましたが、最近両方の耳翼から毛が抜け始めて・・・。
インターネットで検索するればするほどネガティブ思考な私は落ち込んでゆくばかりでした。
結果オーライだったのでここに書いていますが、何度も検査させられてこっこちーもいい迷惑だったよね。(涙。)
食欲・元気はずっとあったのに。。。
本当にごめんなさい。

もも姉もにんも中型犬もみーんな付き添いでした。
200702171538000.jpg

200702171527000.jpg

検査結果が出るのに時間がかかってお外は暗くなってしまいました。
本当に本当によかった!!!先生の前で泣きそうになっちゃった。。
200702171726000.jpg

外の駐車場で待つ中型犬に窓越しに「白鶴○」してしまいました!
皮膚とアレルギーと消化によいフードと被毛によいサプリをもらって帰って来ました。今晩はよく眠れそうです。はー。

多飲・多尿と食べ物への強い執着、左右対称の脱毛で心配した病気は、『甲状腺機能亢進症』と『クッシング症候群/副腎機能亢進症』
三姉妹の健康には、これからも気を配るぞ~!!!おー!
あっ、自分たちも、ね。はい。
スポンサーサイト

| COCO | 20:50 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://momococonin2.blog86.fc2.com/tb.php/39-c2eaaf21

TRACKBACK

クッシング症候群について-病気の恐ろしさを見るHP

クッシング症候群クッシング症候群(Cushing症候群、くっしんぐしょうこうぐん)は、慢性の糖質コルチコイド過剰による症候群。尚、下垂体腺腫が原因で起こるクッシング症候群を特別にクッシング病(Cushing病)と呼ぶ。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Qu

| 病気の恐ろしさを見るHP | 2007/02/22 23:14 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。